「XOOPS、MovableType等のサーバサイド生成ファイル処理」について

5:設定/書籍

 状態:  閲覧数:996  投稿日:2008-04-26  更新日:
2006-10-15 9:59 ゲスト

これまで設置したXOOPS2を二度、MovableType3.3を一度、それぞれぶっ壊してしまいました。
理由は、(恐らく)FTP処理誤りに伴うファイル削除あるいは上書き等が原因だと思われます。
これに対する対策案は現在三つ。
①FTP処理の改善、②バックアップ処理の改善、③サーバサイド生成ファイルの内容理解。
その内、今日は①に関するメモを記録。
結論から言えば、ローカル環境からFTPでアップしているファイル以外に、随時サーバーサイドで生成しているファイルがある場合には、
その部分に対して予めFTPアプリに削除上書処理しないよう自動設定しておけばよいだけのこと。
具体的には、 FFFTPで言えば、ミラーリング>削除しないフォルダファイル名 に、該当フォルダ名(例えばlogなど)を追加するだけでO.K.(多分‥)。
‥ しかし、そうなると今までの苦労は、何だったのだろうか‥‥。これまでは、そんな技(というか常識?)を知らなかったため、FTP処理の都度、ミラーリングアップロード処理内容表示画面より、ファイルを選択削除処理をあーまたかよ、と思いながら実行していたのですから‥‥。


ゲストユーザーによるニュース投稿禁止措置について