【解決済】XOOPSのバージョンアップ 「XOOPS 2.0.15 JP」→「XOOPS Cube Legacy 2.1.4」

6:インストール/バージョンアップ

 状態:  閲覧数:1,632  投稿日:2008-04-26  更新日:
[size=xx-large][color=0000FF]■0[/color][/size]
久しぶりに新しいサイトでXOOPSをインスト-ルしてみたら、随分操作し易い仕様となっていて驚いた。WordPress Modulesも設置することが出来たし…。

じゃあこのサイト(XOOPSStyle)も、新しく作成したサイトのようにXOOPSのバージョンを最新のものへと上げておこうかと思って色々試行錯誤してみたのだが、アップデートの仕方が直感的に分らない(どこかにアップデートボタンとかがあってそれを押せばO.K.みたいに軽く考えていたのだが…)。

やはり地道にググるしかないのか……。

▼備忘録メモ
・新バージョン……XOOPS Cube Legacy 2.1.3  2001-2006 XOOPS Cube Project
・旧バージョン……XOOPS 2.0.15 JP  2001-2005 The XOOPS Cube Project


[size=xx-large][color=0000FF]■1[/color][/size]
▼以下は、後日インストールに挑戦してみた際のメモ書き
 結果=不完全な成功、あるいは、微妙な失敗。

▽手順
0.参考URL……http://xoopscube.jp/modules/xigg/index.php/node/180

1.下記ページよりダウンロード
http://sourceforge.net/project/downloading.php?groupname=xoopscube&filename=Package_Legacy_2_1_4.zip&use_mirror=jaist

2.ダウンロードしたパッケージを解凍後、htmlフォルダ内にある下記フォルダおよびファイルを削除
・install
・mainfile.php

3.削除した残りのhtmlの中身を、既存のフォルダへ上書きして、サーバへとアップロード。
新しいファイルをそのままアップせずに、上書きを行ったものをアップしたことが、恐らく今回の失敗の原因だと思われる。

4.管理者としてログイン後、「モジュール管理」より赤いアイコンが表示されるモジュールを全て更新(アップデート)


[size=xx-large][color=0000FF]■2[/color][/size]
▼仮結論
さらに後日色々試したところ、既存データをすべて消してしまった。とりあえず、使いにくくても、現状のままがよいと思われる。
すなわち、XOOPS 2.0.15 JP  2001-2005 The XOOPS Cube Project
がインストールされているものに対しては、
1.XOOPS 2.0.15 JP  2001-2005 The XOOPS Cube Project ダウンロード

2.ダウンロードしたパッケージを解凍後、htmlフォルダ内にある下記フォルダおよびファイルを削除
・install
・mainfile.php

3.削除した残りのhtmlの中身を、既存のフォルダへ上書きして、サーバへとアップロード

※既存のファイルを削除してから、新しいファイルをアップロードすると、何も表示されなくなる。

▽未トライ内容
既存のファイルを削除してから、すべての新しいファイルをアップロード。但し、データベース名などに既存のものを使用するやり方。←いつか時間が出来た際に、挑戦してみたい。


[size=xx-large][color=0000FF]■3[/color][/size]
▼エラー表示
Fatal error: Undefined class name 'xcube_root'

▼mainfile.phpの最下行を、以下のように修正することで解決した
修正前:
if (!isset($xoopsOption['nocommon']) && XOOPS_ROOT_PATH != '') {
include XOOPS_ROOT_PATH."/include/common.php";
}

修正後:
if (!defined('_LEGACY_PREVENT_LOAD_CORE_') && XOOPS_ROOT_PATH != '') {
@include_once XOOPS_ROOT_PATH."/include/cubecore_init.php";
if (!isset($xoopsOption['nocommon']) && !defined('_LEGACY_PREVENT_EXEC_COMMON_')) {
include XOOPS_ROOT_PATH."/include/common.php";
}
}

※ちなみに、mainfile.phpの内容を変更する際には、FFFTPを使用し一度ローカルへダウンロードしたものを変更した後、再アップロードすること。

▼参考にしたサイト
・XOOPSCubeLegacy/HowToUpgrade/FromX2JP - XUGJ-Wiki
・http://wiki.xugj.org/index.php?XOOPSCubeLegacy%2FHowToUpgrade%2FFromX2JP

・XOOPS Cube
・http://xoopscube.jp/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=5334&viewmode=flat&order=ASC&start=0


XOOPS新規インストールメモ