XOOPS SEO対策試行錯誤メモ

7:SEO

 状態:  閲覧数:2,283  投稿日:2009-07-01  更新日:
■1.keywordsやdescriptionなどのmetaタグをモジュールごとに設定(description、keywords はページ固有のものを!)
descriptionはページ毎に対して記述するもの。
全てのページに固有のdescriptionを記述。
全ページ同じdescriptionというのはありえない。
keywords も同様。
▽参考url
SEO連載(5) 「タイトルとメタタグの最適化」 - かんたん!SEO実践講座 より::SEM R
http://www.sem-r.com/19/20060318015946.html

<{if $xoops_dirname == "news" }> //ここにモジュール名を書く
<meta name="keywords" content="ニュース,<$xoops_meta_keywords}>" />
<meta name="description" content="ニュースを発信。" />
<{elseif $xoops_dirname == "d3forum" }> //2つ以上定義するときは「elseif」を使用する
<meta name="keywords" content="<{if $category.title}><{$category.title}>,<{/if}>掲示板,< {$xoops_meta_keywords}>" /> //各モジュールの変数も表記可能
<meta name="description" content="<{if $category.desc}><{$category.desc}><{else}>掲示板です< {/if}>" /> //モジュールの変数表記にif文も使うと、なお完璧
<{else}> //設定したもの以外
<meta name="keywords" content="<{$xoops_meta_keywords}>" />
<meta name="description" content="<{$xoops_meta_description}>" />
<{/if}>
▽参考url
Xoopsでkeywordsやdescriptionなどのmetaタグをモジュールごとに設定する方法:WEB in the morning
http://webcross01.net/archives/318.html


■2.Google サイトマップ
Change frequency
・Daily
Last modification
・Use server's response
Priority
・Automatic Priority


■3.Google サイトマップモジュール


■4.検索エンジン対策として、自サイトのRSSを提供
モジュールによって指定のRSSを出力(推奨)
theme.html へ以下のようにHEADタグ内に追記。
対応しているモジュールであればこの部分に上のようなRSSの行が付加される。
最近配布されているテーマには大概記載されているが、
古いテーマにはないことがあるので入れておくようにする。
<{$xoops_module_header}>
▽参考url
Xoops Users Group Japan - CustomizeManual/XOOPSとSEO [(番外編)XOOPS と SEO] - XUGJ Wiki
http://www.xugj.org/modules/xpwiki/?CustomizeManual%2FXOOPS%E3%81%A8SEO


■5.ページタイトル及びサイトタイトルの順番
ページタイトルは、ページ名 | サイト名 のように、そのページが所属している構造を” | “パイプで区切る
<title><{if $xoops_pagetitle}> - <{$xoops_pagetitle}> | <{/if}><{$xoops_sitename}></title>
もしくは、
<title><{if $xoops_pagetitle}><{$xoops_pagetitle}> | <{elseif $xoops_slogan}><{$xoops_slogan}> | <{/if}><{$xoops_sitename}></title>
▽参考url
SEO « Diffuse Information
http://diffuse.jp/tag/seo/



2011.2.10追記
<hr />■メタkeywordsタグを外す
&lt;meta name=&quot;keywords&quot;
&lt;meta name=&quot;author&quot;
&lt;meta name=&quot;copyright&quot;
上記三つを取り外す。
▽標準的な、meta name=&quot;keywords&quot;のキーワード数は? | DesignStyle
  http://design.e1blue.net/modules/d3blog/details.php?bid=26


<hr />■h1、h2
前から気になっていたけど、今、確認したら、びっくりぐらい設定されていなかった。
▽h1とh2に何をどう指定すればよいか分からないので、調べてみた。 | DesignStyle
  http://design.e1blue.net/modules/d3blog/details.php?bid=31

とりあえず、全部のモジュールに対して、入れていくのはしんどいので、現在も更新を続けている下記3モジュールに対し、h1とh2を設定していくことにする。
▼現状
●トップページ…&lt;h1&gt;なし、&lt;h2&gt;なし
●gnavi…&lt;h1&gt;なし、&lt;h2&gt;なし
●d3forum…&lt;h1&gt;1、&lt;h2&gt;なし
●hdpoll…&lt;h1&gt;1、&lt;h2&gt;1



2012.1.28.追記
2.2系のrobots.txt見ていたら、2.1系と比較して、制限を多くかけていることに気が付いた。
▼2.1
User-agent: *
Disallow: /cgi-bin/
Disallow: /tmp/
Disallow: /cache/
Disallow: /class/
Disallow: /images/
Disallow: /include/
Disallow: /install/
Disallow: /kernel/
Disallow: /language/
Disallow: /templates_c/
Disallow: /themes/
Disallow: /uploads/

▼2.2
User-agent: *
Disallow: /admin.php
Disallow: /avatar.php
Disallow: /banners.php
Disallow: /edituser.php
Disallow: /footer.php
Disallow: /header.php
Disallow: /image.php
Disallow: /imagemanager.php
Disallow: /mainfile.dist.php
Disallow: /mainfile.php
Disallow: /misc.php
Disallow: /notifications.php
Disallow: /pmlite.php
Disallow: /readpmsg.php
Disallow: /user.php
Disallow: /viewpmsg.php
Disallow: /cgi-bin/
Disallow: /core/
Disallow: /cache/
Disallow: /class/
Disallow: /include/
Disallow: /install/
Disallow: /kernel/
Disallow: /language/
Disallow: /modules/fileManager/
Disallow: /modules/legacy/
Disallow: /modules/legacyRender/
Disallow: /modules/message/
Disallow: /modules/pm/
Disallow: /modules/profile/
Disallow: /modules/stdCache/
Disallow: /modules/system/
Disallow: /modules/user/
Disallow: /preload/
Disallow: /settings/
Disallow: /templates_c/
Disallow: /tmp/

2.1にあって、2.2にないのは、
Disallow: /images/
Disallow: /uploads/

これ、SEO目的の記述ではないとは思うが、
もしかしたら、SEOに効果ないかな?
余分なURLを読み込ませない、という意味で…。

それにしても、これまで、
Disallow: /images/
Disallow: /uploads/
してたってことは、
画像検索されなかったってことなのだろうか?